便秘を治す方法|11年のビクともしない腸を変えた乳酸菌の組合わせ

浣腸の使いすぎがキッカケで分かった便秘を治すために大事なこと

大学1年の頃から便秘に悩んでもうすぐ11年・・・いいかげん朝からスッキリして清々しい気持ちで1日をスタートさせたい。

 

便秘が治らない

 

こんなにも長い間便秘だと、世間で効果的だと言われている方法を試しても効果がないものはないんです。

 

わたしの場合、ドラッグストアに売っているイチジク浣腸を常に持っていて、便が溜まって腹痛に襲われた時は、浣腸を使ってその場をしのいでいました。ちなみに一番大きい40gを使っていました。

 

 

浣腸を初めて使うときは怖かったですが、1度使ってみるとそんな恐怖はどこへやら。即効性と便が出た時のスッキリ感はたまりませんでした。むしろこの快感は病みつきになりそうなぐらいでした。

 

 

スッキリ感をもっと味わいたい。

 

 

日に日にこんな想いが強くなって便意をガマンしてガマンして耐えられなくなったらトイレへ行き一気に解放!

 

 

こんな感じでだんだんエスカレートしてしまい、スッキリ感を最大限に味わえるように極限まで我慢して排便を済ましていました。

 

 

浣腸って別に高いものではないし、便秘でつらい思いをするよりマシだと思っていたので頻度としては週に2回ほど使用していました。

 

 

でも、しばらくそんなことを繰り返していると、あまりにもスッキリ感が爽快で、本当に浣腸が病みつきになってしまったのです。

 

 

そんな中、ふと浣腸について調べてみると、イザという時にだけ使うのが本来の使い方だそう。使い過ぎは浣腸の効きを悪くし、浣腸を使用しないと腸が動かなくなったりと、結果、腸の働きを余計に悪くさせてしまうという恐ろしい事実が分かってしまったのです。

 

 

このまま使い続けたらわたしの腸はどうなっちゃうの?

 

もし浣腸が効かなくなったらこの先何に頼って排便すればいいの?

 

 

こんなことを考えたら頭の中が真っ白になってしまいました。

 

 

浣腸のリスクを知ってしまった今、浣腸にはもう頼ることはできません。将来のことを考えると、便秘の苦しみと一生付き合って行くのはさすがにつらい・・・

 

 

この状況から抜け出すためにどうすれば便秘を治すことができるのか。逃げてばかりはいられない。おかげで自分自身の便秘のことについて真剣に考えるキッカケとなりました。

 

 

それからというもの、何かいい方法はないものかと、時間さえあればネットや書籍を読み漁さる毎日が続きました。そして乳酸菌の種類が大切だということを知ったんです。

 

 

今まで知り得ている知識では乳酸菌ならなんでもよいと思っていました。

 

 

浣腸を使う前、便秘を治すために当時はヨーグルトが効果的と言われていたので、乳酸菌の数が多ければ善玉が沢山増えるという単純な考えで3年ぐらいヨーグルトをひたすら食べていた記憶があります。

 

 

しかし、種類が重要という結論からすると乳酸菌の数は便秘にほとんど意味がなかったということになります。

散々食べたヨーグルトで便秘が治らなかったワケ

便秘解消には乳酸菌の数よりも種類が大事
慢性化な便秘にはこのことは特に重要だといえます。そのメカニズムとしては、慢性化により溜まった老廃物は、腐敗して大腸だけでなく小腸、さらに十二指腸にまで悪影響を与えていて、その結果、悪玉菌があらゆる腸に蔓延しているからです。

 

 

つまり、全ての腸に効く乳酸菌を摂らなければ改善には程遠いということになるのです。

 

 

これを踏まえると、ヨーグルトを食べても効果がないのは当たり前です。だってヨーグルトのほとんどが大腸で働くものしかないのですから。

 

 

有名なヨーグルトをいくつか調べたのでみてください!やっぱりほとんどが大腸で働く乳酸菌しか入っていませんでした。

 

<ヨーグルト配合の乳酸菌調べ>

  • ダノンビオ

ダノンビオ
<入ってる乳酸菌>
ビフィズス菌「BE80」、別名「高生存ビフィズス菌」
<活動場所>
大腸

 

  • ナチュレ恵み

ナチュレ恵み
<入ってる乳酸菌>
ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株
<活動場所>
大腸、小腸

 

  • グリコ朝食Bifix

グリコ朝食Bifix
<入っている乳酸菌>
ビフィズス菌Bifix
<活動場所>
大腸

 

  • 明治ブルガリアヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト
<入っている乳酸菌>
ブルガリア菌2038株、サーモフィラス菌1131菌
<活動場所>
大腸

 

  • フジッコカスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト
<入っている乳酸菌>
クレモリス菌FC株、アセトバクター菌FC株
<活動場所>
大腸

 

見ての通り、ほとんどは大腸で働く乳酸菌しか入っていません。ナチュレ恵みは小腸でも働く乳酸菌が入っているので便秘解消に少しは役に立ちそうですがイマイチ。十二指腸で働く乳酸菌は一つも存在しないことが分かりました。

 

3つの腸全てを補う乳酸菌はあるのか

ヨーグルト調べの結果から小腸と大腸で働く乳酸菌はあることが分かりましたが、全てを補う乳酸菌はありませんでした。

 

 

それもそのはず、十二指腸に効く乳酸菌はたったの1種類しかなくて、しかも人工的に抽出したものだからです。その菌とはラクリス乳酸菌です。便秘のことについての知識をお持ちであれば聞いたことあるかもしれません。

 

  • ラクリス菌

緑麦芽から胞子を形成する乳酸菌を分離したもので人工的に抽出したもの。自然食材には存在しない。

 

このことから、全ての腸で働く乳酸菌を摂るには結局サプリで補うしかないということになるのです。

 

出回っている乳酸菌サプリを探すと無数にあるのは御存知の通りですが、全ての腸に働く乳酸菌サプリとなるとほんの一握りしかありません。

 

 

「カルグルト」「乳酸菌革命」というサプリです。

この2つのどちらがいいのか、それぞれに強みがあって迷ってしまいますが、どちらも十二指腸、小腸、大腸の全てに行き渡る乳酸菌が入っています。販売ページをみて好みで決めても問題ありません。

 

 

どちらが売れているかというとカルグルトの方に軍配があがります。お試し価格が安いのと、量より質を前面に出しているからです。

 

 

ただ、人によって相性の問題もあるし、どちらとも効果を実感しているとの声も多いので一概には言えません。

 

※参考→革命的な9つの乳酸菌配合の乳酸菌革命。果たして効果のほどは・・・

11年の長い便秘症にもついに手応えが

乳酸菌革命を最初試しましたが、全くと言っていいほど効果がなかったので、カルグルトを試しました。

 

何をやっても治らないもうすぐ11年になる慢性便秘。どうせ治らないという諦め半分で試しましたが、1ヶ月分が終わりに差し掛かる時

 

 

腸がゴロゴロと鳴ったのです。1秒にも満たない一瞬の出来事でした。

 

 

ほんとに一瞬でしたが、今まで何をしても腸が動く気配すらなかっただけに、たった一瞬でもこの挙動には驚きを隠せませんでした。

 

この調子でいけば治るかも!と思いカルグルトをリピ買いし、リピ買い後飲み続けて1週間後・・・腹痛に襲われたのでトイレにいくことになりました。

 

 

だいたいいつもこういう時って便が溜まりすぎている時で、トイレに行っても出ないことがほとんど。出るときもあるけれど、痛みと戦ってようやく少し出る程度で全然スッキリはしません。

 

 

しかし、なんとこの時ばかりは違いました。少し下痢気味の排便でしたが痛みがほとんどなかったんです!

 

 

しかも腸に詰まっている便が全部出たのではないかという勢いで、力を入れなくても次から次へと出てきました。最終的に1回では流れないんじゃないかと思ってしまうぐらいの量がでたんです。(汚い話ですみません。)

 

 

まるで浣腸していた時のような出方で、久しぶりにスッキリ感を味わうことができました。

カルグルトで便秘が治せるかもしれない

現在は飲み続けて半年ほど経ちます。排便の状況はというと2日に1度あるかないかぐらいまで改善しています。

 

ここまでの改善は明らかにカルグルトのおかげです。カルグルトを飲む前とは明らかに変わったのですから。

 

今では排便に痛みはありません。今までトイレに行くのは億劫で仕方ありませんでしたが、最近はトイレに行くのが少し楽しみになりました。

 

もし、慢性的な便秘に悩んでいるのなら試す価値は十分あると思います。少なくともわたしは良い結果が出ているのだから。

 

→ここまで効くとは思わなかった!ビクともしない腸を180度変えた乳酸菌