浣腸をやめるなんて考えられなかったのに・・・

便秘に悩んでもうすぐ11年・・・たまには朝からスッキリして1日を過ごしたい。

 

便秘が治らない

 

こんなにも長い間便秘だと、世間で効果的だと言われている方法を試しても全く効果がないんです。

 

だから仕方なく、便が溜まってお腹が痛くてたまらない時はわたしの場合よく浣腸します。ドラッグストアにイチジク浣腸って売ってますよね。しかも一番大きい40gを使ってます。

 

イチジク浣腸
※出典:All About

 

浣腸って最初は怖かったけど、1度使ってしまえば即効性の実感度と便が出た時のすっきり感がスゴすぎてそんな怖さはどこへやら。正直病みつきになってしまうほどでした。

 

わたしの浣腸の楽しみ方としては、

 

便意をガマンしてガマンしてもうダメ〜

 

ってなったらトイレに行って一気に解放!こんなことをよくやっていましたよ。
(完全に変人です。でもその時の解放感はたまらない・・・)

 

しばらくこんなことを繰り返していると、あまりにもスッキリ感が気持ちよくって本当に浣腸の虜になってしまいました。そんな高いものじゃなかったし、便秘でつらい思いするよりマシだと思って週に2〜3回は平気で使ってました。

 

でも、浣腸ってイザという時に使うものらしく、頻繁に使ってるとヤバイっていうことを知ってしまいました。

 

わたしの中では、イザっていう時に使っているつもりだったんですけど、週に2〜3回はさすがに使いすぎみたい・・・

 

使いすぎてると、腸が浣腸を使わないと動かなくなってしまい、しかも慣れてくると浣腸の効きすら悪くなるらしいのです。

 

じゃあこのまま使い続けたら私の腸ってどうなっちゃうの!?

 

もう一生この苦しみと向き合っていくしかないの?

 

そんなことを考えたら頭の中が真っ白になってしまいました。

 

考えれば考えるほど気が滅入ってしまい、先のことを考えるとさすがにこの苦しみと一生付き合って行きたくないと思ったので、

 

気を取り直して再度自分の便秘と真剣に向き合っていこうと心に決め、ネットやら本やら読み漁っていると、なんと乳酸菌の種類が大切だということが分かったのです!

乳酸菌の種類が便秘に重要なワケ

便秘を治すには腸内の善玉悪玉が関係していて、善玉菌の割合をいかに増やすかが便秘解消のカギ。このことは有名ですので誰でも知っていることだと思います。

 

善玉菌と悪玉菌のバランス

 

しかし、実際に善玉菌を増やすことはたやすいことではありません。

 

例えばヨーグルト。便秘といって連想される言葉はヨーグルトというぐらい有名です。世間では、善玉菌を増やす乳酸菌がたくさん入っているから、便秘解消にはもってこいとまで言われています。

 

ところが便秘解消に良いという割に、ヨーグルトで便秘が治ったという話はあまり聞きません。

 

わたしも継続的に食べた経験はありますが、まったくといっていいほど効果を実感することは出来ませんでした。

 

これって、自分が思っているより善玉菌が増えていないという証拠なんですよね。なんでこのような現象に陥ってしまうのでしょうか。

 

慢性的な便秘って排泄物が腸の中に溜まってしまっている(宿便)ため、その間に腐敗して悪玉菌が腸全体に蔓延しているからです。

 

いったいどうすればたくさんの乳酸菌を腸に届け増やすことができるのか。

 

それは乳酸菌を大腸だけでなく、
小腸、大腸、十二指腸全ての腸にまんべんなく行き渡るようにすれば良いのです。

 

慢性的な人ほど腸全体に行き渡らせる必要があるんです。腸全体を乳酸菌で満たしてあげれば全体的にキレイな腸になり、善玉菌も素直にジワーッと増えていくことになります。

ヨーグルトに入っている乳酸菌は腸全体に行き渡っているのか

ヨーグルトを食べても効果がほとんどない。便秘解消でヨーグルトを食べているみんなが口を揃えて言います。

 

それもそのはず。ヨーグルトについて調べるとわかるのですが、入っている乳酸菌はせいぜい2種類ぐらいで大腸で働く乳酸菌ばかり。全体に行き渡っているとは言いがたいのです。

 

<有名なヨーグルト調べ>

  • ダノンビオ

ダノンビオ
<入ってる乳酸菌>
ビフィズス菌「BE80」、別名「高生存ビフィズス菌」
<活動場所>
大腸

 

  • ナチュレ恵み

ナチュレ恵み
<入ってる乳酸菌>
ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株
<活動場所>
大腸、小腸

 

  • グリコ朝食Bifix

グリコ朝食Bifix
<入っている乳酸菌>
ビフィズス菌Bifix
<活動場所>
大腸

 

  • 明治ブルガリアヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルト
<入っている乳酸菌>
ブルガリア菌2038株、サーモフィラス菌1131菌
<活動場所>
大腸

 

  • フジッコカスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト
<入っている乳酸菌>
クレモリス菌FC株、アセトバクター菌FC株
<活動場所>
大腸

 

これらは誰でも知ってる有名なヨーグルトですが、ほとんどが大腸で吸収するものばかりで、全体に行き渡るようなものは一つもありません。ヨーグルトを一生懸命摂ってもなかなか便秘に効果がないことは仕方のないことかもしれません。

 

全ての腸にまんべんなく行き届く乳酸菌・・・そんな乳酸菌はあるのでしょうか。

 

→乳酸菌の王様LFKの影響力で腸が変わる!?

 

腸全体に届く乳酸菌の組合わせ

 

ここまでのことをまとめると、

  • 小腸、大腸、十二指腸、に乳酸菌をまんべんなく送り込むこと
  • 腸が吸収する乳酸菌は種類によって違うということ

 

便秘解消の近道は全ての腸に効く乳酸菌を摂ることが重要だということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

どこの腸で吸収する?乳酸菌の種類
<小腸>
ガセリ菌、乳酸菌抽出物LFK、ラブレ菌
<大腸>
ビフィズス菌、クレモリス菌、サーモフィラス菌、ブルガリア菌
<十二指腸>
ラクリス菌

 

全てを補える乳酸菌はサプリで摂るしかない

結論から言ってしまうと、十二指腸に効くラクリス菌を摂れるのはサプリしかありません。

 

ラクリス菌は緑麦芽から胞子を形成する乳酸菌を分離したもので人工的に抽出したもので、自然な食材には存在しないからです。

 

出回っている乳酸菌サプリを探してみると、乳酸菌サプリは無数にあるのに、上記のことを満たすサプリはたったの2つしか見当たりませんでした。「カルグルト」「乳酸菌革命」というサプリです。

 

この2つのどちらがいいのか強みがそれぞれ有るので迷うところですが、どちらも十二指腸、小腸、大腸の全てに行き渡る乳酸菌が入っているので、販売ページをサクッとみてこっちがいいかもというレベルで決めても問題は無いでしょう。

 

ただ、カルグルトの方はお試し価格が安いのと、量より質にこだわっていることを決め手にしている方が多いようで、どちらかといえばカルグルトの方が売れています。そうはいっても人によって効く効かないがあるのでこれが良いと断言はできませんが。

長い便秘症のわたしにもついに手応えが

ちなみにわたしはカルグルトを試しました。カルグルトは乳酸菌革命のようなサプリではなく粉状なので気軽さの点でいうと劣りますが、やっぱりお試し価格が1000円しないところに目が言ってしまいました。もともと8000円もしますからね。

 

何をやっても治らない便秘歴が長い私にはどうせ治らないという思いで試しましたが、1ヶ月分飲み終わりそうな時に今までとは違う挙動を腸に感じたので今思えばカルグルトにして正解だったと思います。

 

カルグルトを飲んで最初の便(3週間後ぐらい)の時はお腹が痛くなってきてトイレにいきました。いつもこういう時って便が溜まりすぎている時で、痛みと戦ってようやく少し出る程度で全然スッキリしませんが、

 

この時ばかりは違って、下痢気味でしたが、痛みはほとんどありませんでした。腸に詰まっている便が全部出たんじゃないかの勢いでそれほど力を入れなくても次から次へ出て最終的にはかなりの量が出てしまいました。

 

まるで浣腸していた時のような出方で久しぶりにあの時のスッキリ感を味わいました。

カルグルトで本当に便秘が治せるかも

現在は飲み続けて半年ほど過ぎましたが、排便は2日に1度あるかないかぐらいまで改善することができました。

 

ここまで改善できたのはカルグルとのおかげだと思っています。カルグルトを飲む前とは明らかに変わりましたので。

 

排便に痛みはなくなったし、2日に1回はでるようになった。そして、なによりトイレに行くのが楽しくなってしまいました。今日はどれぐらい出るのかなってワクワクするんです。

 

おかしいですよねこの感覚。でもね長い間便秘症で悩んでたから気兼ねなくトイレに行けるのが嬉しくてたまらないんです。

 

もし、わたしのように長い間便秘に悩んでいるのでしたら、試してみてもいいかもしれません。きっとこのワクワク感がわかると思いますよ。

 

→こんなに効くとは思わなかった!私の腸を180度変えてくれた乳酸菌