腸内環境の整備が全て!?

MENU

腸内環境が実は整られていない!?

巷の情報が誤解の可能性!
巷で便秘を治す方法と言えば口をそろえて「腸内環境を整えること」と言いますが、その割にそれらの情報というのはイマイチな情報が多いです。ほとんどがこれらの方法を実践しているのに一向に良くならないことに疑問を抱いていませんか。

 

 

<腸内環境を良くする有名な便秘解消方法2つ>
善玉菌を増やすためにヨーグルトを食べる
食物繊維を含む野菜などを多く摂る

 

便秘解消にはお馴染の方法ですが、これで便秘解消に至ったケースは意外にも多くありません。それもそのはず、便秘に悩んでいる人にとってはあまりにも非効率的。腸内環境がある程度良い人が日頃から実践している分には、便秘対策になってとても良いことなのですが・・・

効率的に腸内環境を良くする方法

摂る乳酸菌を改める

乳酸菌と言えばヨーグルトが常識ですが、便秘を治す方にとってヨーグルトは効率的ではありません。乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類あるのはご存じでしょうか。

 

動物性乳酸菌

酸や熱に弱いため胃液や腸液の中で死んでしまう。生きたまま腸の奥に届かない。

植物性乳酸菌

酸やアルカリさらに温度変化に強く生命力が高い。生きたまま腸の奥に達する(プロバイオティクス)

乳酸菌を増やすことで有名なヨーグルトは、動物の乳を栄養にして乳酸菌を増やしていく動物性に当ります。

 

よく、毎日ヨーグルトを食べているのに便秘が治らないことが多く見受けられますが、これはほとんどの乳酸菌が腸の奥に生きたまま届かず死んでしまっているから。結果、善玉菌は思うように増やせていないのです。

 

本気で便秘を治したいのであれば、ヨーグルトは一旦やめて死滅しにくい植物性乳酸菌を選んで摂ったほうが良いでしょう。

 

 

 

理想な植物性乳酸菌はどれ!?
植物性乳酸菌が多く含まれているものは、漬物、みそ、しょうゆ等の日本の伝統的な食材。

 

 

昔は便秘に悩む人が少なかったのは、毎日これらの食材を使った和食が根付いていたためで、自然と植物性乳酸菌を摂っていたからなのです。少し考えてみると便秘という言葉を頻繁に聞くようになったのは最近といえば最近ですよね。

 

このことから効率的に腸内環境を良くするためには

 

食事を和食に変えること

 

しかし、現在は昔と違って和食より美味しいものがたくさんある洋食を口にすることががほとんどですので和食を摂り続けるのはかなり難しく非現実的です。

 

 

 

たった1日3g?善玉菌を数倍に増やせるオリゴ糖!
上記でお伝えしたとおり、和食によく使われる調味料には植物性乳酸菌が豊富に含まれてはいます。ただこれらは、塩分が高いので高血圧や腎臓の負担となり今後病気になる可能性が高くなるので摂り続けることはよくありません。

 

だからと言って便秘解消にはとても効率的に働いてくれる植物性乳酸菌を摂れないなんて・・・

 

 

実は、植物性乳酸菌と同様の特性がオリゴ糖にあるのを知っていますか。オリゴ糖は様々な食品に含まれているのですが、いったいどれに一番含まれているのでしょうか。

 

《オリゴ糖を含む食材ベスト3(100g当り)》

タマネギ”2.8g”
ニンニク”1.0g”
バナナ”0.3g”

 

オリゴ糖は、和食に使われる調味料に比べて全くと言っていいほど体に害がありませんし、砂糖よりもカロリーが少ないので積極的に摂っても問題ありません。このことから善玉菌を効率よく増やすにはもってこいといえるでしょう。

 

ただ理想は1日3g摂ること。これが自然食材から摂るのが難しい。オリゴ糖がたくさん摂れるタマネギでさえ100g食べてようやく2.8g。バナナを1日1本食べても0.3g。毎日食べている人がなかなか便秘解消に至らないのもここで納得できたりします。

 

最近では甘味料と称し、高純度のオリゴ糖が市販で色々出回っているので理想量を摂るのであればこちらに頼った方が断然効率的でしょう。

1日1回で理想量が簡単に摂れる高純度オリゴ糖→

正しく食物繊維を摂る

便秘解消といえば食物繊維の摂取というぐらい認知度は高く、専門家の見解からも便秘を治すのには必要不可欠な存在とされています。

 

食物繊維を沢山摂っても全く便秘がよくならないし、むしろ悪化している。こんな方が多いのはいったいなぜでしょうか。

 

食物繊維をむやみにとっても意味がない
食物繊維には不溶性と水溶性の2種類が存在するのはご存じですか。便秘の改善には両方を摂る必要があります。

水溶性・・・水に溶ける食物繊維(便を柔らかくしてくれる)
不溶性・・・水に溶けない食物繊維

※ベストな割合=不溶性2:水溶性1
※1日の理想食物繊維摂取量=30g

毎日食物繊維を摂っているのに一向に便秘がよくならないのは、不溶性ばかりに偏っているからといえるでしょう。

 

よくあるケースでは食物繊維のイメージが強いサラダですがこれこそが不溶性食物繊維の塊なのです。ちなみに定番のレタスはなんと不溶性10:水溶性1となっています。便秘が良くならないのも納得の行く話ですね。

 

水溶性が良いとは言いますが、水溶性は意識しないととても摂りづらい食材です。便秘を治すためにも、水溶性の食物繊維をいつもより意識して摂って習慣化させるようにしていきましょう。これを行うだけでも便の排出が促されるはずです。

 

 

《不溶性と水溶性のバランスが良い人気食材BEST5(100g当り)》

 

  不溶性(g) 水溶性(g) 食物繊維(g)
納豆 4.4 2.3 6.7
アボカド 3.6 1.7 5.3
おくら 3.6 1.6 5.2
にんじん 2.0 1.0 3.0
キウイ 1.8 0.7 2.5

 

 

水溶性が多い食材を見分けるコツ!
選ぶ際にはネバネバに注目!ネバネバのある食材は水溶性が多いことがほとんどです。例えばモロヘイヤや里芋にも多く含まれています。

腸内環境を確実に整えることができる

巷の情報は間違ってはいませんが、詳しく知ってみると腸を活性化させるのにはあまり意味のない食材を摂っていたことが分かったと思います。

 

便秘には3タイプあるのは前にもお伝えしましたが、腸内環境を整えることはどのタイプにも密接な関係があります。そして便秘解消に良い食生活に変えることで腸に何かしらの変化は必ず起きてきます。

 

食生活の見直しは比較的簡単にできるので便秘に効率的な食材を積極的に摂っていくように心がけていきましょう。

 

 

「便秘を治す方法|治らないのはあなたのせいじゃない!」トップへ戻る

 

 

カイテキオリゴ

スプーン1杯で理想の3g!簡単かつ効率的な高純度オリゴ